事務局からのご挨拶


事務局からのご挨拶

支援者の皆様へ

 平成23年3月11日、午後2時46分に発生した東日本大震災からまもなく、一月後の4月11日、宮城県塩竃市の浦戸桂島にて「うらと海の子再生プロジェクト」を立ち上げ、四ヶ月後の7月11日「一般社団法人 うらと海の子再生プロジェクト」と組織を改め、暗中模索の中ではありましたが、多くのボランティアの皆様、支援団体の皆様、協力者の皆様、そして全国の支援者の皆様の助けをお借りし、ここ松島湾より小さな帆を上げ船出致しました。
 お蔭様で、支援者総数13,692人、支援金合計186,063,104円、お見舞金107,000円、という本当に多くのご支援を賜り、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 私たち浦戸地区漁業者への復興支援金として、平成23年11月に42,423,986円、平成24年6月に41,930,853円を、宮城県漁業協同組合塩釜市浦戸支所及び宮城県漁業協同組合塩釜市浦戸東部支所に設置された復興対策実行委員会を通じ、共同利用施設や、牡蛎、海苔、ワカメ及びアサリ、刺網部会に、震災により毀損、流出した設備や漁具の購入、修理のために使わせて戴きました。
 そして皆様のお陰で先季は、予想を遥かに上回る例年の50%程の水揚げができるまでに復旧することが出来ました。本当にありがとうございます。今季はさらなる復旧を目指して皆で頑張っております。

 これからも皆様のご期待にお応えできますよう、当プロジェクト役職員一同、漁協並びに生産者一同、復旧・復興に向け頑張ってまいります。今後とも引き続き、応援よろしくお願い申し上げます。


うらと海の子再生プロジェクト事務局